AG エージー ジーンズ

AGジーンズ
2000年設立 アメリカ発のAGジーンズ
何年も履きこんだようなヴィンテージ加工と計算尽くした美脚ラインが特徴です。

c0207692_17275459.jpg


リペアジャムでは、ここ数年AGジーンズの裾上げを中心に修理依頼を多く頂きます。
それらの革パッチを集めてみました。
c0207692_172919.jpg


裾上げ以外にも、デザインステッチのリペアを施した事もありました。

雑誌に載っている様なデザインステッチを施して欲しいとの事でした。
こちらの参考写真もAGジーンズのもの
c0207692_17481880.jpg


後ろポケットのクラッシュを
c0207692_17484491.jpg


参考写真の様にデザインステッチを施しました。
c0207692_17535652.jpg




後ろポケットのクラッシュは、購入した時から開いていたクラッシュになりますが
その加工技術も素晴らしいと定評があります。
それもその筈!!

ABERCROMBIE&FITCH アバンクロビー フィッチ
Banana Republic バナナ・リパブリック
GAP             ギャップ

名だたるブランドの製造や卸販売をしており、
驚くほど広大な敷地内でデザイン、パターン、裁断、縫製、加工
そして最終仕上げを一貫して行なっているのが
ロサンゼルスのKOOS MANUFACTURING コーズ・マニュファクチャリング社

c0207692_17312571.jpg


一度に35枚切ることが出来るコンピューター制御された裁断機でカットされた革パッチ
そしてこれからAGのロゴ刺繍が入るところ。

c0207692_1732588.jpg


これはヒップポケットのパーツにAGと刺繍しているところ。

c0207692_17331541.jpg


フロントポケットの袋布部分の☆マーク
シルクスクリーンにてプリント作業をしているところ。

c0207692_17334121.jpg


こんなプリントです。
c0207692_1734892.jpg



物を作る事が好きな私達はどうしても
工場の内部を見るとワクワクしてしまいます。
思わぬ発見や感動が詰まっているんだろうなぁ☆☆☆。



tomo
# by repairjam | 2011-08-26 17:49 | JAMの出来事

リペアに必要な7つ道具 ①目打ち

リペアに必要な7つ道具 
目打ち


リペアジャムに来て下さるお客様は、
そんな大切なジーンズをリペアしたりリメイクしたり
さらに愛着のある自分だけの一点ものとして蘇らせてお持ち帰られます。


大切なジーンズや洋服をお直しするのに欠かせない道具の一つが目打ち
使う人によって好みも違うんですよね。

c0207692_2332695.jpg



目打ちの用途は様々です。
糸を解く時に

c0207692_2334794.jpg


クラッシュした縦糸や横糸を押さえたり

c0207692_2352940.jpg


時には付属を打ち込む為の目印の穴をあけたり

c0207692_2355288.jpg


目打ちの印穴があるので、打ちたい部分に打ち込む事が出来ます。

c0207692_2371617.jpg


裾や衿のカドを出したり

c0207692_237288.jpg



大切に使い続ける事で
しっくりと自分の手に馴染む自分だけの道具
長く履きこんだジーンズの様になぜか手放せず、壊れては直して皆使っています。

他の人の道具を借りたりすると”しっくりこない”って言ってるのをよく作業場で言ってるなぁっ(笑)

この”しっくり”が意外と大事だったりするんですよね。
# by repairjam | 2011-08-24 00:40 | 7つ道具

海外郵便ロンドンより『Martin Margiela』(マルタン・マルジェラ)

『Martin Margiela』(マルタン・マルジェラ)



ブランドタグの4角をしつけ糸で止め、
たとえ自身のブランドであっても
それすら直ぐに取り外して下さいと言わんとする、
『アンチモード』を貫くデザイナー

c0207692_22424747.jpg




イギリスはロンドン在住日本人の方よりお直しが届きました。

c0207692_22473828.jpg



日本に住んでいた頃からご利用してくださったお客様。
リペアジャムを信用してくださって頂けてるみたいで
とても嬉しい限りです!

今回の依頼は、ヒザ部分が横に裂けてしまったのをリペア致しました。

ですが肝心なbeforeを取り忘れてしまったワタシ・・・・。

「こんな感じに直りました!」と
依頼人にしかわからないブログになってしまい申し訳ございませんっっ・・・。

c0207692_22482433.jpg

# by repairjam | 2011-08-11 22:37 | JAMの出来事

Denime ドゥニーム XX TYPE 後編

Denime ドゥニーム XX TYPE 前編

前編はこちらからドウゾ

サイズ直しは、お直しの依頼が多いカテゴリ分類されますが
画像でのbefore ~afterのご紹介させて頂くには、伝わりにくいところ

今回のは比較的わかり易いでしょうか・・・。


こちら12cmサイズダウンする前です。

c0207692_22554818.jpg



12cmサイズダウンした後です。
c0207692_22575981.jpg



ポケットの比較になります。
こちらポケットを作り直しする前です。
c0207692_22592824.jpg



中心側へ移動させて作り直したポケットになります。
ベルトループからのポケットの距離や前中心からのポケットの距離で違いがわかるかと思います。
c0207692_230681.jpg



今回は全体的なサイズダウンをご紹介しましたが
ウエストだけを詰めたり
裾幅だけを詰めたり
お客様のご希望に合わせてお直しさせて頂きますので
お気軽にご相談下さいませ。

# by repairjam | 2011-08-01 19:55 | サイズ直し

Denime ドゥニーム XX TYPE 前編

Denime ドゥニーム XX TYPE

ベーシックなオリジナルXXタイプ
クラシックなストレートのシルエット

c0207692_2149644.jpg


状態はワンウォッシュ

お直し前のサイズ  ウエスト86cm、33インチ  


これを、ウエスト74cmの約29インチまで
全体で-12cmのサイズダウンのご紹介。

昨今ではネットショッピングで洋服の購入をする人が増え
失敗談などもお聞きする事が御座いますが
その中でも上位にくる失敗の1つはサイズ選びの間違いなのではないでしょうか。

こちらのジーンズをお持ち頂いたお客様もまた、そのようなお話しをしておりましたが
今回は特に詰め幅も大きくお客様のご希望もあり
ウエストを詰めるだけではなく
全体のシルエットを、なるべく崩す事ない様に
ヒップ
ワタリ(太もも)
ヒザ
裾幅
全てをサイズダウンします!

画像を見るとわかる様に、大幅なサイズ直しは
ポケットの位置に注意しなければなりません。
c0207692_223578.jpg


このまま詰めてしまうと、ポケットが小さくなり過ぎますし
コインポケットが使えなくなってしまいます。

そのような場合リペアジャムでは
ポケットを作り直しも致します。


ポケットの端には、力が加わる部分を補強する為に打ち込まれたリベット(鋲)
があります。
ブランドやパーツの形状などにもよりますが
リペアジャムでは、再利用が可能なパーツに関しましては出来るだけ
オリジナルの状態で客様にお戻しする様に心がけております!
慎重にパーツを取ったのがこちら
これはポケットが完成してから再度打ち直しますので、大切に保管しておきます。

c0207692_22255249.jpg


次のページではDenime ドゥニーム XX TYPE 後編
完成したポケットの画像のご紹介と
全体で-12cmのサイズダウンした画像を近日中にUPしますので
ご覧頂けたらと思います♪
# by repairjam | 2011-07-28 11:43 | サイズ直し

藤井リナブランド☆ウエディングドレス

c0207692_1191793.jpg
急ぎのお仕事。





過去に色々な急ぎの仕事が舞い込んできたけれど
スキーの大会当日にジャンプスーツのサイズ直しとか
バックパッカーのリュックサックとか
スノーボードのケースとか
なんだか大きな物が多い・・・。

今回は、藤井リナちゃんのデザインのウエディングドレス!
当日2時に使うって事で、急いでやらせて頂きました!!

c0207692_22441519.jpg


駆け込み寺の様に、リペアジャムを思い出して頂けるのはとても光栄な事かな・・・。

只今、一件苦戦しそうな案件がありまして
これもいつかご紹介できればと思っています!
# by repairjam | 2011-06-24 22:46 | レディース

TALON タロンジップファスナー ZIPPER

TALON タロンジッパー ZIPPER


世界中の人が何気なく使っているジッパー

そのジッパーの元祖とも言われる存在のTALON タロンジッパー ZIPPER

起源はアメリカで
基本設計や、ロックする構造などを1930年代にはほぼ完成させていたようで
信頼と耐久に長けたと証明されたタロンのジッパーは米軍服にも採用されました。

ですから、他のメーカーはタロンを踏襲してるんだとか・・・。


現在では、色んなメーカーのジッパーがありますが
その背景には、吸収、合併、倒産など複雑な状況があったようで
TALONタロン社は1991年に倒産しております。

ですからTALONのジッパー工場の最終生産は
1994年と言われており、
現在使用されているもののほとんどは復刻である事が多いようです。

復刻といっても、タロン社の厳格な品質管理の下で生産されておりますのでご安心下さい。



リペアジャムでもTALONジップの交換を承っています。


c0207692_2250393.jpg

オリジナルにコダワルお客様には、
DEAD STOCKのジッパーが見つからなくても

復刻版TALONジップでサイズ、形、色をオーダーする事ができるので
是非ご相談ください。




過去のブログでは、

スイス産のririジップ
50年以上の歴史があるWALDES(ウェルダース)ジッパーをご紹介しています。

他にも各種メーカーを取り揃えておりますのでお気軽にお問い合わせください!
# by repairjam | 2011-06-08 23:16 | ファスナージップ交換

Levi'sリーバイス501`66`ビックEモデルの修復

言わずと知れた定番 
リーバイス501の通称`66`ビッグEモデルの修復のご紹介です。

デニムは、
アメリカでいえば炭鉱の作業着
日本で言えば農夫の作業着
デニムがインディコに染められた原点は、日米同様、作業中の毒蛇避けが目的でした。

デニムは、
ハードワークによって破れてしまっても、修復すればまたタフな顔に戻ってくれます。

今日は、言葉では多く語らず

そんな表情の変化を画像で見て頂ければなぁと思います!

c0207692_22202150.jpg


c0207692_22221067.jpg


c0207692_22231389.jpg


c0207692_2224195.jpg


c0207692_22244518.jpg


c0207692_222861.jpg
c0207692_22292178.jpg
c0207692_22302641.jpg
c0207692_22313827.jpg
c0207692_223205.jpg
c0207692_2233876.jpg
c0207692_22332275.jpg
c0207692_22344992.jpg
c0207692_2235449.jpg


デニムは、ダメージは当たり前
ツギハギだって当たり前の労働服ですが
さすがに穴があちこち開いてしまっては、もう捨てるしかない・・・・と諦めていたデニムも
修繕すれば、また穿く事ができるデニムは魅力のひとつです!

皆様も捨ててしまう前に是非RepairJAMへ!!
# by repairjam | 2011-04-13 22:36 | クラッシュ補修

海外郵便 TURE RELIGION トゥルーレリジョンのRAINBOW RICKY レインボーリッキー 後編


この度の東北太平洋沖地震において
震災被害に遭われた方々にお見舞い申し上げるとともに
犠牲になられた方々のご冥福を心よりお祈り致します。

世界から届いた日本への祈り 

一刻も早く「我慢」がいらない日常生活が送れることを祈り
私に出来ることを実行してゆきます。




海外郵便 TURE RELIGION トゥルーレリジョンのRAINBOW RICKY レインボーリッキー


お待たせ致しました。
前回ブログで紹介させて頂きました、海外からのお客様。
修理が仕上がりましたのでご紹介させて頂きます!



左裾はステッチ入れ直し
右裾の縦裂けと裾部分の修復、さらに右裾のみ5mm裾上げします。



こちらが修理前
c0207692_0104857.jpg





修理後
c0207692_0111218.jpg


この様な濃色ブルーのジーンズは、糸で生地を作ってゆくのが意外と大変。
濃い中にも濃淡をつけなければ、表情のない不自然な仕上がりになります。


トゥルーレリジョンの生地は縦落ち感が綺麗
ヴィンテージ感溢れるデニム
縦落ちは、ヴィンテージなどでよく見られる色落ちで
横糸の太さと染色のバラツキで生じます。

元来均一にデニムを織ることができなかった時代の織物で、不良品扱いされていたのですが、

今となっては、その味わいが評価されて、デニムの開発
ウォッシュ加工の開発によって再現されています!

可能な限り縦落ちの良さを落とさず、一生懸命やらせていただきました!
# by repairjam | 2011-03-23 00:29

クロムハーツ Chrome Hearts コットンパンツ ウエスト出し

クロムハーツ Chrome Hearts コットンパンツ

c0207692_0282745.jpg


シルバーアクセサリーの代名詞ともいえるクロムハーツ
元々は革製品を製作していた会社でした。
バイク用の皮製品などのアクセントとして使用されていた
ボタンやファスナーなどの
シルバー部分に注目が集まり、シルバーアクセサリーとして販売されるように。
c0207692_0191637.jpg


今では、アクセサリー全般からレザーウエア、バッグ、小物、家具、ホームウエアまで
ライフスタイル全般を取り扱っています。
日本では、1991年にギャルソンなどが取り扱いを開始したものの苦戦
1992年からはアローズが販売を引き継いでいます。

こちらのカーゴパンツも、10年くらい前に東京で購入したものだとか
価格もウン十万!!
ですが、体系が変わってしまってずっとクローゼットで眠っていたとか・・・。

このまま履かないで眠らせて置くよりは
折角だから直して履こう!という事で、
今回はウエスト12センチ、ヒップもウエストに伴って幅出しをさせて頂きました。

c0207692_0201068.jpg



両脇にそれぞれ6センチの三角マチを縫いつけるのですが、
今回のパンツはデザイン性も高い8ポケットのカーゴパンツだったので、
マチ全体が露出する事なく(違和感無く)縫い付ける事が出来ました。

c0207692_022184.jpg


身頃の幅を出すことができたら、次はベルトの長さを変えます。

c0207692_026248.jpg


こちらはベルトをカットして、生地を縫いつけるのですが、
その際にもベルトループ下を利用して

c0207692_027377.jpg


カット線がループの影で見えなくなる様に。
これは、ちょっとした心遣いです。
c0207692_0272459.jpg




お客様の喜び壱番の精神で
私達は、常に気持ちや信頼を失ってしまわない様に
目の届くかぎり、良質なお直しができたらと思います。

# by repairjam | 2011-03-11 14:14 | サイズ直し