カテゴリ:ファスナージップ交換( 6 )

WALDES ウェルダースファスナー

WALDES ウェルダースファスナー

現代のヴィンテージファスナーWALDES ウェルダース
1940年代のTALON社の製造規格を忠実に再現した日本のファスナーブランド。


c0207692_22272838.jpg


LOUNGE LIZARD ラウンジリザード モッズコート

c0207692_2231561.jpg


フロントのファスナー交換
YKKファスナーからWALDES ウェルダースファスナーへ交換しました。

c0207692_2232868.jpg



こちら1940年代の、CROWN(クラウン)独自のデザインのスライダーになります。

重厚感と存在感を放つファスナーにカスタムする事で男心を擽る逸品となったのではないでしょうか!


c0207692_22322426.jpg



リペアジャムでは、店内に展示してあるファスナーなどを購入する事もできますし、
WALDES ウェルダースファスナーの商品サンプルをご覧頂き、お取り寄せする事もできます。

気になるファスナー料金ですが、海外メーカのファスナーよりは、お買い求め易いプライスとなっております。


ただ、デザインや素材などで料金が変わってきますので具体的にご相談頂いた時点で、お見積もりさせて頂いております。

お気軽にご相談ください。

他のファスナーブランドに対するお問い合わせも多いので、詳しい情報を少しずつUPしますね。
by repairjam | 2013-02-26 22:56 | ファスナージップ交換

DIESEL ファスナーのスライダー交換

DIESEL ディーゼル
1978年、レンツォ・ロッソによるDIESELがイタリアで誕生。
5POCKETデニムをはじめメンズ、レディースのウェアから、
シューズ、バッグ、アクセサリー、時計、サングラス、
アンダーウェア、フレグランスまでトータルコーディネート
が揃うプレミアム・カジュアル・ブランド



DIESELの広告は、いつもユニークでインパクトありますが
こちらはまた違う視点から
こちらDIESELイタリア本社の社員食堂。
ジーンズ一つとっても、沢山のモデルを生み出して、今や世界中の幅広い年齢層に親しまれているのも
こんな環境も手伝っているからなんでしょうね。


c0207692_19421319.jpg



さて、今日のお直しは、DIESELスウェットパーカーのファスナージップスライダー(引き手)の交換です。
c0207692_2022929.jpg

こちらのお客様は、苫小牧より郵送でのお取引のみで何度かお直しのご依頼頂いております。
お直しした物を直接お渡しすることなく発送する為、届くまでは少しドキドキします。


そして、数ヶ月後には「また洋服のお直しお願いしたいんですが。」とメールを下さいます。
再依頼下さった時は、感動のお電話頂けるくらいの威力あります。


今回は、スライダー(引き手)が無くなってしまった為、ファスナーの開閉が出来なくなってしまいました。
スライダー(引き手)の取り付けのお直しです。
様々なスライダー(引き手)サンプル画像を送らせて頂き選んで頂きました。
c0207692_2012141.jpg


そして決まったのがこちらのスライダー(引き手)
アルミのワイヤーで出来たデザイン。
MA-1、N-3Bのミリタリーウェアのフロントジッパーにも使用されているデザインにもなっています。

c0207692_20204054.jpg


こんな感じに仕上がりました♪
c0207692_20221622.jpg



最近は、
「ファスナー交換をお願いするのだったらちょっと遊んでみようかなぁ」というお客様が増えています!
YKKに限らず
TALON タロンジップファスナー
riri リリジップファスナー
WALDAES ウェルダースファスナー
UNIVERSAL ユニバーサルファスナー

各種ブランドもお取り扱いしておりますのでお気軽にご相談ください。


tomo
by repairjam | 2011-12-03 22:42 | ファスナージップ交換

TALON タロンジップファスナー ZIPPER

TALON タロンジッパー ZIPPER


世界中の人が何気なく使っているジッパー

そのジッパーの元祖とも言われる存在のTALON タロンジッパー ZIPPER

起源はアメリカで
基本設計や、ロックする構造などを1930年代にはほぼ完成させていたようで
信頼と耐久に長けたと証明されたタロンのジッパーは米軍服にも採用されました。

ですから、他のメーカーはタロンを踏襲してるんだとか・・・。


現在では、色んなメーカーのジッパーがありますが
その背景には、吸収、合併、倒産など複雑な状況があったようで
TALONタロン社は1991年に倒産しております。

ですからTALONのジッパー工場の最終生産は
1994年と言われており、
現在使用されているもののほとんどは復刻である事が多いようです。

復刻といっても、タロン社の厳格な品質管理の下で生産されておりますのでご安心下さい。



リペアジャムでもTALONジップの交換を承っています。


c0207692_2250393.jpg

オリジナルにコダワルお客様には、
DEAD STOCKのジッパーが見つからなくても

復刻版TALONジップでサイズ、形、色をオーダーする事ができるので
是非ご相談ください。




過去のブログでは、

スイス産のririジップ
50年以上の歴史があるWALDES(ウェルダース)ジッパーをご紹介しています。

他にも各種メーカーを取り揃えておりますのでお気軽にお問い合わせください!
by repairjam | 2011-06-08 23:16 | ファスナージップ交換

riri リリジップファスナーの交換

riri リリジップの交換

YKKと並んで有名なriri リリジップ
リペアジャムでもお取り扱いが出来るようになりました!

スイスで設立されたメーカで、質の高さや、デザイン性でもっとも信頼のおけるブランド
ハイブランド、コレクションブランドなど、質の高いもの作りをするブランドに
もっとも良く採用されています。

何度も繰り返し磨かれたムシの部分を見るだけでも、違いがわかると思います。

そんなこだわりのあるジップなので、
それを取り扱うショップの店員さんは勿論
お客さまもririのファスナーにこだわっている方が多く
ファスナーが壊れてしまったんだけど
YKKではなくririのファスナーに交換できますか?
という依頼が多く寄せられる様になりました。

今回ご依頼頂きました、 coalmaine(コールマイン)さん

リリのダブルジップの交換でした。
c0207692_21205479.jpg


スエードとニットという扱いにくい素材でしたが
お褒めの言葉を頂きひと安心です♪



 coalmaine(コールマイン)さん
c0207692_21221454.jpg

とっても素敵な店内で、お取り扱いブランドもMIHARA YASUHIRO 、をはじめ
作り込みこそ物の本質にこだわったセレクトで
ハイブランドなブランドを多数お取り扱いしています!
是非、足をお運び下さい。


coalmaine
札幌市中央区南3条西1丁目2-1 K3-1ビル 3F
Tel & Fax / 011-271-5853
Open / 11:00~20:00
by repairjam | 2010-07-30 21:55 | ファスナージップ交換

リーバイス501XX×WALDAES ウェルダースファスナー

リーバイス501XX

こんばんは
今日のお直しは~
デニムのボタンフライの交換です。

ボタンフライのホールが、ボロボロになってしまいました。
c0207692_20541228.jpg



ボタンホール以外は、まだまだ履ける状態だったので
表の飾りのステッチを解いて、
ボロボロになってしまったホール部分のパーツを取り外し

c0207692_20564313.jpg



新たに作り直しました。


c0207692_211570.jpg



ボタンホールは、縫製工場で使われているボタンホール専用ミシンで開けています。

c0207692_2121159.jpg

ボタンホールのミシンは、とても高速でタフな作業もグイグイこなしてくれますが
ボタンホールに特化したミシンなので、
ホールを開ける事以外何も出来ないんですよね・・・。


今回はボタンフライを再現しましたが、ジップフライへの変更も出来ます!

リペアジャムには、様々なジップがあります。
スライダーの
の色
デザ

きさ

ムシ
などなど
選ぶ事が出来ます!

c0207692_214732.jpg

勿論、ご来店頂けないお客様には、ジップの画像を送る事も可能です。


自分で選んだジップに付け替えれば、ジーンズは今よりもっと身近に
きっと愛着が沸くハズ!!!

リペアジャムお問い合わせフォームへお気軽にドウゾお待ちしております!!
by repairjam | 2010-06-24 20:51 | ファスナージップ交換

ブルゾン ジップファスナー交換

RepairJAMの今日のお仕事

ブルゾンのビスロンファスナー交換

画像にある様にファスナーがちぎれてしまいました。c0207692_17505567.jpg

ファスナーを閉める事が出来なくなってしまったのでファスナー交換です。
c0207692_17595699.jpg

このブルゾンは、一年を通して着る機会が多いと伺っていたので、
RepairJAMが提案させて頂いたのですが、
見た目と丈夫さを重視し、ファスナーのサイズを4YGのファスナーから5YGに変えてます。
ファスナーのサイズとは、ムシの幅が狭いほど小さくなり、広いほど大きくなります。

c0207692_14384230.jpg


ファスナーを前身頃から取り外します。
そして、新しいファスナーをもう一度付け直すという作業になります。

ここがファスナー付けの難しいところ。
ファスナーを付ける時は、表身頃を見て縫うので表は、元の針穴に落とす事は出来ます。
元々表と裏のステッチ幅が、均等じゃなかったりすると裏は、同じ針穴に落とす事が難しく
素材によっては、針穴が出てしまう事があるので、とても気をつけます。

c0207692_14424171.jpg
ファスナーが閉まる様になりました!!!
by repairjam | 2009-10-21 18:08 | ファスナージップ交換