<< REPAIRJAM1周年に向け... ギャザー シャーリング シャツ >>

REPAIRJAM1周年に向けて・・・。1

●ジャムおじさん個人の思い

1年前、リペアジャムを始動してから
裾上げ1本1050円~などと仕事をさせて頂いておりますが・・・

時代は環境破壊などの問題がとりだたされて
表面上ではエコ運動が活発になっている反面
服飾業界では価格破壊が進み
ジーンズ1本が700円以下で買えてしまい
使い捨てとしてしまう人までいる始末

低価格化が進めば当然のことながら、
低価格で商品を作らなければなりません。



c0207692_1856552.jpg
メーカーでは製造工賃を安くするため、
縫製依頼の仕事はどんどん海外に流れ
日本人の洋服を作る環境が少しずつ減っていっているのが現状です。

日本にある工場の大半には
海外から縫製の技術を学ぶ為、沢山の研修生が来ていますが
一生懸命技術を指導し教えた結果、
技術を持った人間が海外に戻り
海外で安く商品を作ってしまう為
日本の工場は仕事が無くなり、
ひどい場合には潰れてしまったりという
日本の服飾業界にとって悪循環が生まれています。

既にメンズのフルオーダーを作れる人間がとても少なくなってしまった様に
この先10年この悪循環が続けば日本から工場はなくなってしまうのでは・・・

そんな不安に駆られたとき、
日本人の私に何が出来るだろう・・

と考え、日本人にしか出来ないような繊細な技術を生かし
常に新しいものを作り出せないだろうかと考えていた

その結果、私なりに見つけ出した答えが

時代に逆行するようですがリフォームを土台とした
新しい商品のデザインリペアリユースなど
お客様が楽しみながら
出来るだけ長く洋服を着る為の提案

などそんなお手伝いが出来れば・・・。

という結論にたどり着き沢山の方の協力の下
リペアジャムをOPENするに至りました。
by repairjam | 2010-07-06 19:30 | JAMの出来事
<< REPAIRJAM1周年に向け... ギャザー シャーリング シャツ >>