<< ②ハイクオリティ リペア HYSジーンズのデストロイリペア >>

ジーンズ補修方法の種類について。

前回に引き続きまして
クラッシュジーンズの補修方法の紹介です。

RepairJAMでは、
前回の記事で紹介させて頂いたデザインリペアの他に、3つ補修方法の種類があり、
①スタンダード
②ハイクオリティ
③スペシャル

の3つの方法をご用意しています。

今回は、①スタンダードリペアのご紹介をします。

価格:穴の大きさが5×5以内の場合は、1,050円(価格は、穴の大きさで変動します。)

c0207692_22472320.jpg修理方法:穴の補修には、ジーンズの裏側に接着芯と呼ばれ、アイロンの熱で貼る事が出来る薄い生地を貼ります。
注意点
地の目が歪んだまま接着芯を貼り作業を進めてしまうと、その穴は歪んだ状態の仕上がりになる為、地の目が垂直に交差する様に気にしながら接着芯を貼ります。
※地の目=生地を作る縦糸と横糸の織りの目
     
 
c0207692_22493651.jpg 次に、糸の選定です。
スタンダードリペアの場合は、一色の糸で作業を行います。
しかし、穴が空いてる部分の生地が同じような色の落ち方をしているとは限らず、股の周辺に横方向に出来るヒゲと呼ばれる部分や、膝が当たる部分と当たらない部分とでは、生地の色の落ち具合が違う為、その様な場合は、生地に馴染む様に糸の色を何色か変えながらリペアします。
注意点
生地へミシンで糸を入れていく際、ここでも常に地の目が歪まない様に、最善の注意を払って作業します。




      
  

     
         
by repairjam | 2009-10-28 16:23 | クラッシュ補修
<< ②ハイクオリティ リペア HYSジーンズのデストロイリペア >>